思わず鼻にかかった声をもらすと、潤いが膣全体に浸透してパンティの船底に恥ずかしいシミがひろがってしまう

北都凛

戻るのがあまり遅いと夫に怪しまれる。立ちあがってスカートの乱れを直していたそのとき、ふいに下腹部の奥でクチュッと小さな水音が響き渡った。
「あっ……」
思わず鼻にかかった声をもらすと、潤いが膣全体に浸透してパンティの船底に恥ずかしいシミがひろがってしまう。
(ああ、いやだわ……どうして?)
赤面しながら反射的に内腿を擦り合わせる。すると膣内に埋めこんだ異物が微かに蠢いて、敏感な粘膜をヌルヌルと刺激した。
「はンンっ……そ、そんな……」
自分の身体が示した淫らな反応が理解できない。こんなことで濡らしてしまうなんてどうかしている。
(きっと……そうだわ、きっと久しぶりに……)
夫とセックスレス状態に陥っていたところを、神谷の逞しい男根で突かれまくったために身体が過敏になっているに違いない。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました