腰を跳ねあげるようにして、若義母の顔面めがけて白濁のシャワーをぶちまける

「あ、あっ!で、でっ……う、ううっ!」
すべての言葉を言い終える間もなく、大量の一番搾りを噴出させる。小便のごとき勢いで、腰を跳ねあげるようにして、若義母の顔面めがけて白濁のシャワーをぶちまける。
「!!」
突然の暴発に加南子は真ん丸く目を見開いた。亀頭がしゃくるたび白濁の弾丸に額が、頬が、唇が、次々に打ち抜かれる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。