膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く

(あれが彩菜の……裸)
スレンダーな背中からヒップだった。肩甲骨など、くっきりと鋭角的に浮き出ている。肩も腰もまだ角があって、ヒップも薄い。大げさに言うと少年の裸身に近かった。
それでも、高校二年という時期は、彩菜の裸身にゆっくりと新たなベールを加えていく、その過程のようだった。その証拠に、スレンダーながら思った以上の実りを見せるバスト。まだまだ青い果実の堅さを感じさせるフォルムを描いている。
彩菜はバスマットに直接膝をつくと、カランから洗い桶に湯を取って、手ぬぐいを浸していく。膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。