理彩が股間に顔を埋めて、カウパー汁にまみれたペニスを口に含んでいた

北都凛

「ううっ、理彩さん……チ×ポが蕩けそうだ」
浩二が快楽に呻いている。理彩が股間に顔を埋めて、カウパー汁にまみれたペニスを口に含んでいた。
真面目なだけが取り柄の男だったが、事業が失敗して酒に溺れるうちに女にも溺れるようになってしまった。
「奥さん、ご覧になってください」
ディープキスから令夫人を解放すると、その呆けた顔を夫のほうに向けさせる。
「ンはあっ……はぁ……はぁ……。こ、浩二さん……」
「ほら、ご主人はすっかり楽しんでおられるようです」
指先を泥濘に軽く押し当てただけで、力を入れなくてもジュプジュプと簡単に沈みこんでいく。
「やっ、ンン……あっ……あっ……駄目、です」
狼狽して眉を八の字に歪める夫人の横顔には、言葉とは裏腹に牡を誘うような艶があふれている。
(いい顔になってきたな。でも、本当に面白いのはここからだ)

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!