昌平は志津子の太腿の付け根に顔を埋め、パンティの中心に鼻を押しつけた

「この匂い……たまんねえぜ」
昌平は志津子の太腿の付け根に顔を埋め、パンティの中心に鼻を押しつけた。柔肌の温もりと共に味わう女の匂いが、脳髄を甘美に痺れさせる。昌平はそれだけで達してしまいそうになった。
「見せてくれよ、奥さん」
パンティの柔らかいふくらみに鼻をこすりつけながら、昌平はくぐもった声で呻くように言った。
「奥さんの大事なところをよォ」
「い、いやっ、いやですっ」
志津子は戦慄し、ワナワナと慄えだした。
夫にすら明るいところで見せたことはない。いや、自分でもしかとは確認したことがない恥ずかしい箇所だ。見ず知らずの強盗たちに見られると思っただけで、生きた心地がしなかった。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!