美少女のヒップが視界いっぱいに拡がった。パンティの後ろ側はオーソドックスなTバック。

加奈子はスカートに手を伸ばし、ホックを外す。ウエストを回る生地が緩み、女子高生の下半身があらわになっていく。最初に飛びこんできたのは、マリンブルーの鮮やかな輝きだった。するする、とスカートが落ちていき、今度の雅也は「あああっ!」と感嘆の声を張りあげる。あっという間に、美少女のパンティが、何もかも見えていた。ブラと同じデザインだ。ラインは細く、生地はできる限り面積を小さくしている。ウエストを幅の狭いラインが走り、真ん中をやはり細いフロント部分が縦断する。女子高生のヘアを隠すには、ぎりぎりの大きさだ。加奈子は泣きそうな顔をしながら、身体を半転させる。雅也が息を呑むうちに、美少女のヒップが視界いっぱいに拡がった。パンティの後ろ側はオーソドックスなTバック。生地はフロント部分ほど極細ではないが、それでも白いヒップはほとんど裸同然だ。
Tバック女子高生──。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。