下着一枚の恥ずかしい下半身を隠すことはもちろん、羞恥で火に染まった美貌を手で覆うことすらできない

「いいぜ、昌平。そろそろマ×コも濡れてきた頃だろう。スカートを脱がしてやれ」
頃合い良しとみて、竜二が言った。
「ヘヘヘ、待ってましたァ」
昌平の手が待ちかねたようにスカートにかかった。
「い、いやッ。脱がさないでッ」
志津子が腰をのたうたせ、哀願の悲鳴をほとばしらせた。だがそんなことは何の役にも立たない。昌平の手が上品なロングスカートのホックをはずし、裾をつかんで一気に引きおろした。
「ヒーッ!!」
志津子は喉を絞って高い悲鳴をあげた。
「ああっ、許してっ」
両腕を万歳の形に押さえられている志津子は、まさに俎板の上の鯉。下着一枚の恥ずかしい下半身を隠すことはもちろん、羞恥で火に染まった美貌を手で覆うことすらできない。引き締まった足首を昌平の手で押さえられたまま、官能的な白い女体を色っぽくくねらせるばかりだ。
「すげえ身体してやがる……」
昌平は目を丸くして唸り声をあげた。
はだけられた白いブラウスと、ピンクベージュの小さなパンティ。人妻が身に着けているのはそれだけだった。二人がかりでさんざんに舐められた乳首が、たわわな乳房の先端で唾液に濡れて尖っている。志津子が羞じらって身をよじるたびに、白い胸のふくらみはプルンプルンと揺れはずんだ。蜂のように細くくびれたウエストから肉感的な太腿に至る女の曲線は見事と言うほかない。熟れきった人妻の腰に、総レースの高級シルクパンティが悩ましいエロティシズムを添えていた。やがてその下着も無理やりに脱がされ、女の秘密をすべてさらけだすことになるのだと思うと、なまじ全裸よりずっと色っぽいのではないかとさえ思われた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

凪子が膝を浴槽の底につけたまま、脚の筋肉を使って、ゆっくりと上下運動を始めた... 凪子が膝を浴槽の底につけたまま、脚の筋肉を使って、ゆっくりと上下運動を始めた。ピストンの手助けをするように、細腰に手を置くと、凪子はそれに応えるようにくねくねと悩ましくくねらせた。年の功というのだろうか。さすがに腰の動きは熟練している。時にリズミカルに、そして時にはわざとリズムを変えては宣英の性感を...
白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているのだ... 色気で言うのならタイトスカートからスラリと伸びる美脚も負けていない。見えているのは、パンスト越しのふくらはぎ程度だと言うのに、ムッチリとしていてたまらない色香を発散していた。そして、何よりも俊輔を魅了してやまないのは、その大きな胸元だった。白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているの...
ママ、舌で、お魔羅、綺麗にしてあげようかしら... 由美が強く健太の顔を胸に引き寄せると、目覚めたらしく、健太の舌が由美のいやらしく屹立している乳首を再び弄いはじめていた。 「ああん、健太ちゃん……。このまま寝ていいのよ。あ、このままじゃいけないわね。一度シャワー浴びて、汚れたココ、洗わなければ……」 手を股間にのばし、肉棒に触れた。勃起している...
由美は仰向けになっている顔のすぐ目の前にある肉棒に一方の手を伸ばし、もう片方の手で宙に浮く健太の尻を... (あそこを舐められるのは、もう、仕方ないわ……。だって、もう、避けられないもの……。でも、一方的に舐められては危ない……。私のほうから、求めそう……。そうよ。私も健太ちゃんのお魔羅をお口で……) お互いに口で奉仕し合う。嫌いではなかった。夫とは交わるたびに、濃厚なオーラルに没頭し、先に声をあげるの...
大きく前方に突き出した乳房が、ぱふんと俊輔の顔に覆いかぶさった... (ああ、やっぱりおっぱい大きいんだぁ……) すらりとした細身の体型だけに、ふっくらとした胸元が余計に強調されていた。俊輔の頭を支えたまま、お粥の載った膳をテーブルごと引き寄せようと、前かがみになったため、大きく前方に突き出した乳房が、ぱふんと俊輔の顔に覆いかぶさった。...
シャワーを浴びた彩海の白いワンピースは、肉体を隠す機能を完全に失っていた... シャワーを浴びた彩海の白いワンピースは、肉体を隠す機能を完全に失っていた。布は隙間なくべったりと胴体に貼りつき、身体の輪郭を完全に再現している。形だけでなく肌の色を透かして、裸の上に透明なビニールをまとっているようだ。 濡れた胸には、ブラジャーが見えた。乳房のほとんどを包みこむ白いカップにレースを...
下着の締めつけから解放された白い乳房が二つブルンッと音を立てんばかりにまろび出てきた... ボタンを外し終えて、ブラウスの前をはだけると、眩いばかりの真珠肌を盛り上げた志津子のバストがさらされた。 「ひょおおっ、こいつはすげえ!」 生唾ものの美巨乳に、昌平が感嘆の声をあげた。 フルカップのブラジャーは上品なピンクベージュ。総レースでエレガントな薔薇の刺繍がほどこされ、上品な山の手夫人...
タンクトップを頭から抜きとる際、スポーツブラの豊かな乳房が小さく一度、二度と弾んだ... 両手をタンクトップの裾にかけた。嗚咽がいまにももれそうになった。一度大きくすすりあげ、それから裾をたくしあげていく。その下にはベージュのスポーツブラがあるだけである。タンクトップを頭から抜きとる際、スポーツブラの豊かな乳房が小さく一度、二度と弾んだ。 「ほほう。生で見れば、なるほどいいチチをしとる...
美少女の乳首が勃起していて、生地を持ちあげているのは明らかだった... しかも、ブラの緑、素肌の白、そして乳輪のピンクが対比を生む光景は、あまりに美しく、かつ、極めてエロティックだ。衝撃は、それだけではない。生地は細いだけでなく、薄さも追求されているらしい。だから加奈子の乳首が浮きあがってしまっていた。(形が、はっきりと分かるよ!この間は触っただけで、見ることができなか...
おっぱいを鷲掴みにして、ぷにゅり、ぷにゅりと揉みしだいた... 魅惑のおっぱいを鷲掴みにして、ぷにゅり、ぷにゅりと揉みしだいた。じっとりと汗をかき始めた豊乳は、啓太に揉まれるがまま柔らかく形を変え、勃起乳首をさらに長くしてプルプルと揺れる。...