つまりパンティの真ん中は丸ごとシースルーになっていて、姉妹の秘毛が丸見えになってしまっているのだ

少し視線を下げただけで、後頭部を殴られたようなショックを受けた。フロント部分は、かなりのハイレグ。母親の玲子でも採用しないような鋭角なラインで切れあがっている。周囲はシンプルなラインで構成されている。単に「▽」の形を尖らせただけという感じだが、それには理由があった。視線は一気に、パンティの中央部分に集中する。
(絶対に、あれはヘアだ!詩織さんと加奈子先輩の股間に生えているものだ!)
一見すると、ツートンカラーのパンティに見える。姉の場合は赤と黒、妹の場合は白と黒。いずれも中央に黒いラインが走っているのだ。ところが目を凝らすと、黒に様々な〝ムラ〟があるのが分かる。生地がメッシュ状になっているのも変わっている。そこで視線のピントを合わせてみると、全てが分かるという仕掛けだ。つまりパンティの真ん中は丸ごとシースルーになっていて、姉妹の秘毛が丸見えになってしまっているのだ。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。