志摩子は貴史に乳を吸わせながら、下着越しに己の恥部をペニスに擦りつけてくる

庵乃音人

乳をせがむ赤子みたいな性急さで乳首を吸い、舌で舐め上げる。志摩子は貴史に乳を吸わせながら、下着越しに己の恥部をペニスに擦りつけてくる。
ショーツのざらつきと同時に、薄い布の下で柔らかくとろけて淫靡な汁音を立てる牝肉の感触がした。亀頭が食いこむたびに、妖しくほころびた女陰は下着の布をワレメのなかに食いこませ、お漏らしでもしたように大量の愛蜜を分泌する。
「んっ、あぁ、志摩子……たまらない……夏海ちゃん、ごめんね……」
貴史は夏海に謝りながら、片方の乳肉を粘つく涎でベチョベチョに穢し、もう一方の乳房も口に含むと、ちゅうちゅうと下品な音を立てて乳芽を吸った。
志摩子は「あぁ。ああぁ」と感極まった悩ましげな声を上げ、肉棒に擦りつける腰の動きをいっそう卑猥なものにする。

出典:~魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

「夏休みって何か予定ある?」密かに恋い慕う大学の先輩・祈里の誘いで訪れた山村。そこで青年は祈里の友人・志摩子の縁談を断るために偽りの婿候補として“お試し婚”をすることになる。祈里への恋心を抱えながらも縮まる志摩子との距離。さらに志摩子の妹も巻き込み、交錯する恋の行方は!?

タイトルとURLをコピーしました