きゅっとつぼまった菫色の菊門が、宣英の視姦に耐えるようにひくひくと疼いている

宣英の口に秘部を密着させるのが恥ずかしいのか、膝を地面について腰を浮かせているせいで、美波の淫所は丸見えだった。綿棒の先ほどの大きさのクリトリスは、先ほどの絶頂の余韻を残したままぷくりと可愛らしく膨れていた。こんもりと薄く繁った陰毛は亀裂に従い、徐々に薄くなっている。肌色を少し濃くしたような色味の肉びらが、もっこりと盛り上がった肉畝の中心部からちらりと覗いている。襞の一番お尻側の合わせ目は浅く、はっとするほどにピンク色に濡れて光っている。そのさらに後ろには、きゅっとつぼまった菫色の菊門が、宣英の視姦に耐えるようにひくひくと疼いている。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!