尻(揺れる)

御堂乱

はしたない嬌声を張りあげ、兵士に抱えられた双臀を大きくうねり舞わせた

「やめるのよ……あァ、恥を……恥をお知りなさい……」 だがもううわごとのようだ。瞳はうつろで、唇からは火の息がこぼれている。濡れそぼった媚肉のひろがりを見れば、誰の目にも彼女が淫情に屈服しかかっているのが見てとれた。 「お気に召しませんでし...
天海佑人

あう、うう……裂けちゃいますっ……ああっ、お兄さまの……ああ、お、おち× ぽで……ああっ、愛菜のお尻……ああ、裂けちゃいますっ

「だめっ、愛菜はまだ女子高生なんですっ、あなた様っ……どうかっ、静恵のお尻の穴で我慢してくださいませっ」 と静恵が叫べば、エマも、 「ああっ、エマのアナルにもっと入れて、タカノリっ、ああ、タカノリさまっ」 と訴え、裕美も、またください孝典様...
天海佑人

すらりと伸びた足を運ぶたびに、つんと吊り上がったヒップが、ぷりっぷりっと弾けるように動く

「愛菜、お客さんを迎えに行ってきてくれないか」 「で、でも……私、こんなかっこうで……」 と裸にエプロン姿の愛菜が泣きそうな顔を見せる。 「そのかっこうでも大丈夫だよ。さあ、迎えに行っておいで、愛菜」 益岡先生の妻と松前先生の奥さんの尻の穴...
天海佑人

長い足を運ぶたびに、むちっむちっと熟れた尻たぼがうねる

「先生の奥さんたち、ソファーの背もたれに向かいあうように座って、こっちに尻を向けてください」 静恵と裕美がお互いの目を見つめあう。先に、静恵がリビングのソファーに向かう。長い足を運ぶたびに、むちっむちっと熟れた尻たぼがうねる。尻の狭間のくね...
早瀬真人

滑らかな曲線を描く背中、蜂のようにキュッと締まったウエスト、そこからヒップにかけての稜線は、まるでマンダリンのような丸みのある官能的なカーブを描いていた

(あっ!) あまりの光景に言葉が出てこない。優香はベッドの手前、壁際に置かれた姿見の前で全裸の状態だったのである。 (嘘っ。優香先生の見せたいものって……裸なの?) 艶かしい、つやつやとした尻肉の柔肌がふるふると震えている。滑らかな曲線を描...
早瀬真人

何を思ったのか、優香は慎吾と机の前に身体を滑り込ませると、そのまま膝の上に腰を落としはじめたのである

「いいわ。私が手取り足取り教えてあげるから」 そう言いながら、ふくよかなバストを慎吾の二の腕にキュッと押しつけてくる。 「あ、先生。そんな!?」 びっくりした慎吾は思わず椅子ごと後ずさったが、その直後、さらなる驚愕の出来事が起こった。 何を...
天海佑人

やっぱり、二つの穴をいっしょに責められると、燃えますか、奥さん

「はあっんっ……」 裕美のおま× こはどろどろに濡れていた。指でまさぐると、後ろの穴が強烈に締まってきた。 「ああ、ふたついっしょは、だめっ……あっ、はあんっ……前と後ろはゆるしてっ」 ゆるして、と言いつつも、後ろの穴同様、前の穴も締まって...
鮎川晃

期待に頬を染めた麻里亜が、助手席の勇作に跨ってくる

「あん、もうなの?だったら、私を先に天国に運んで。その後なら、うんとぱいずりしてあげるわ」 乳首を勇作の先に与えながら、麻里亜はま× こをいじって挿入をねだる。広げられた女淫が涎を垂らしてシートを濡らす。こういう歓びに素直なところが、勇作は...
天海佑人

そこはっ、お尻の穴ですっ……そこは……あうっ……舐めるところなんかじゃないのよっ

孝典は松前先生の奥さんの双臀に顔を埋め、菊の蕾をぺろりと舐めた。 「あっ、なにしているのっ……そこは、違うわっ……」 「違いませんよ」 そう言って、さらにぺろぺろと舐めていく。 「そこはっ、お尻の穴ですっ……そこは……あうっ……舐めるところ...
天海佑人

掲げられているブロンド美女のヒップが、ぶるぶるっと震える

「う、動いて……」 とエマが小さな声で言う。 「コック……動かして……」 「アナルをがんがん突かれたいですか、エマ先生」 「い、いや……突いちゃいや……」 「でも、動いて欲しいんでしょう」 「欲しいわ……コック、動かして……タカノリ」 孝典...
鮎川晃

バスローブ越しにさえ、ぷるん、むち、たぷん……と、誘惑がましく揺れる麻里亜の尻を見つめながら、勇作はすでに痛いほど勃起していた

「……や、やっぱりハーフの女性は、やることが違うよな」 バスローブ越しにさえ、ぷるん、むち、たぷん……と、誘惑がましく揺れる麻里亜の尻を見つめながら、勇作はすでに痛いほど勃起していた。
天海佑人

ぐいぐいとバックから突きつつ、ぴしゃぴしゃと奥さんの双臀を松前先生が眠っているそばで張っていく

松前先生がそばにいることが、孝典だけでなく、奥さんにも異常な昂ぶりをもたらしていることをおま× こで知る。 パイズリを受けているペニスがとろけそうだ。このまま出してしまいそうになる。でも、もう宙に出すのは嫌だ。松前先生の奥さんのおま× こに...
天海佑人

長い足を運ぶたびに、ぷりぷりっとうねる尻たぼが、孝典を挑発してくる

「待ってください、奥さん」 ペニスを揺らしながら追うと、来ないでっ、と言いながら、バスタオルを手にした裕美が脱衣所から出て、廊下へと逃げていく。 長い足を運ぶたびに、ぷりぷりっとうねる尻たぼが、孝典を挑発してくる。裕美の双臀にはまだローショ...
鮎川晃

勇作に背中を向けると、顔で上体を支えた文子が、ぐ……と、両手で尻を開いた

「このまま出しても、もちろん構わなかったんですけど、文子さんの素敵な姿を、もう少し愉しみたくなったんです……さぁ、今度は四つんばいになってください。そして、僕にお尻を開いて見せるんです」 すっかり女になった文子に勇作は強気だ。今の文子の感情...
鮎川晃

勇作の股間に顔を寄せて、鼻先を擦りつけるようにしながらしごいていた文子が、感極まったように咥えた

「お、お礼だなんてそんな……綺麗だから綺麗だって言ったまで……うぐ……あぁ、文子さん……ふ、文子さあんっ」 文子の気持ちを察した勇作も、さっきより大きく腰を振りはじめる。頭の中が熱くなってきて、射精欲求だけが膨張していくのを感じている。 「...
結城彩雨

冷二は指を二本深々と埋めこんで、指先を曲げて腸襞をまさぐりはじめた

「ああッ……そんな……」 「いやなのか、奥さん」 「……いや、じゃありません……ああ、もっとして……指を二本にして……」 夏子が言い終わらないうちに、もう一本指が入ってきた。人さし指に中指が加わった。 「あ、ああ、やさしくして……ああ……」...
御堂乱

怒張がゆっくりと引かれた。亀頭部の張り出したエラに、熱くただれた柔肉が巻き込まれていく。

昌平は舌なめずりし、まず左端の志津子のヒップを抱えこんだ。 「ヒッ」 熱い怒張の先を押しつけられて、人妻は小さく悲鳴をあげた。 それだけでもう感極まったかのごとく、もたげた双臀をブルブルとわななかせるところなど、まさに発情した牝である。 「...
空蝉

ジーンズの生地を目一杯引き伸ばして、みっちり詰まった肉の丸みを浮き立たせていた、美幸のヒップ

「……いつも、お姉ちゃんのお尻、見てるよね」 脈絡もなく切り出されたその一文によって、せっかくの穏やかムードが消し飛ぶ。 「きゅ、急に何言ってるの。それに別に、俺はお尻を見てたわけじゃ」 歩みに合わせて揺らぐ黒髪のポニーテールや、その下に覗...
小鳥遊葵

忌々しそうに言い放ち、そのまま深々と健太の肉棒を咥え、音を奏で、舐め、しゃぶる

「先にお風呂ね……。体中、砂まみれよ……。あそこにも砂が入ってそう……」 微笑みが相変わらず艶めかしい。咲枝の家の中に入り、そのまま浴室へ向かう。廊下を歩く途中、携帯の着信音が鳴り響いた。健太のではない。 「あら、メールだわ。ちょっと待って...
小鳥遊葵

肉厚の大きな尻が、円を描くように左右にうねり、健太の舌から受ける愉悦を甘受し始めていた

「健太ちゃん、だ、だめぇ……。ママが、ママがしてあげるから……」 (健太ちゃんが、私のあそこに舌を使おうとしている……。だめぇ、そんなことされたら、私、あああ、どうにかなってしまう……) 由美は渾身の力を全身に込め、健太の舌から逃れようとす...