伸ばした指の前に、拘束から解き放たれた乳房が、どっとあふれる

魅惑のランジェリー姿を記憶にしっかり収めると、尚樹は噴出する肉欲に従って、ブラジャーに手を伸ばした。だが指でむしり取る前に、先読みした彩海自身の手で、フロントホックをはずされる。
「ああっ」
と、かすれた息が尚樹の喉からこぼれた。
伸ばした指の前に、拘束から解き放たれた乳房が、どっとあふれる。ブラジャーの支えを失い、重力に引かれた乳房は、横へ広がった。それでも張りを保つ乳肉は、巨乳と呼ぶにふさわしい高さとボリュームを誇示して、見下ろす男子高校生へ艶めかしい迫力をアピールする。
揺れる二つの乳丘の頂点では、白い美肌から淡い桜色へとグラデーションを見せる乳輪から、また触れてもいないのに乳首がツンと立ち上がっていた。巨乳にふさわしく大粒の乳首が、キリキリと屹立している。見ているだけで男の欲望を強烈に煽り、その触り心地と味を知りたいと願わせる、最高の媚薬だった。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)
隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」
一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕
しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房
スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく
遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――
その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!