声を紡ぐ動きでチロチロと亀頭をこすり、吐息までも愛撫をしてくる

「もちろんフェラチオよ」
答える間にも、唇はほとんど亀頭から離れない。声を紡ぐ動きでチロチロと亀頭をこすり、吐息までも愛撫をしてくる。もちろん両手はしごきと揉みこみを器用につづけていた。
「気持ちいいかしら?こんなに硬いままなんだもの。一度出しただけでは、全然満足していないのでしょう。すぐに出させてあげるわ、ちゅっ、んちゅっ!」