向かい合う静子先生が背中をそらして、ブラウスの巨乳を前へ高々と突き出している

言葉責めに反応する嬌声がデュエットした。彩海の高い声に、静子先生の低めの喘ぎがきれいに調和する。彩海と向かい合う静子先生が背中をそらして、ブラウスの巨乳を前へ高々と突き出している。スーツをはだけたときよりもさらに乳房が張りつめて、今にもブラウスのボタンがちぎれ飛び、布そのものが引き裂けそうだ。