深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる

口腔の温もりと、ぬるりとした粘膜の快感に、俊輔は歓喜の声をあげた。
「ほふぅっ……ふむん……ひゅん輔くんのおひんひん……ちょっと苦ふて、しゅっぱひ……はむうん」
深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる。さらには、尖らせた舌先で鈴口を抉られた。
「ぐううっ、み、か…さん」
あまりの快感に俊輔はうなり声をあげながら、ぎゅぎゅっと菊座を絞った。熱い血液を肉塊に注ぎ込み、傘を一段と膨らませたのだ。その肉の柱に沿うように、深佳がゆっくりとしたストロークをはじめた。