途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた

ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。
「はううっ、あ、はああぁ……」
途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。
「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねないでぇ……」
兆した声で制止を求める深佳だったが、その婀娜っぽい腰つきは、さらなる捏ねまわしをねだるように、くなくなとのたうっている。恥じらいを保ちつつも、感度の良さと貪欲なエロさを見せてくれる彼女に、俊輔の昂奮もいや増した。