途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた

ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。
「はううっ、あ、はああぁ……」
途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。
「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねないでぇ……」
兆した声で制止を求める深佳だったが、その婀娜っぽい腰つきは、さらなる捏ねまわしをねだるように、くなくなとのたうっている。恥じらいを保ちつつも、感度の良さと貪欲なエロさを見せてくれる彼女に、俊輔の昂奮もいや増した。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!