熱に浮かされたようにつぶやいた千夏が、深佳の浴衣の裾を大胆に捲り上げた

「うれしいですぅ。わたくし、一度、姫さまとこうしてみたかった…」
熱に浮かされたようにつぶやいた千夏が、深佳の浴衣の裾を大胆に捲り上げた。
「私もです……。こんなこと、姫さまにだからするのですよ」
寧々は細腰を抱くように手を回すと、しゅるしゅると衣擦れの音をさせて、浴衣の帯を解いた。さらには、濃紺のブラジャーのホックもあっという間に外してしまった。