見るも無惨な形になるほど、乳を引っ張って伸ばしていく

啓太は指で乳首を摘み、優しく、けれど大胆に、ゆっくりとそれを伸張させた。見るも無惨な形になるほど、乳を引っ張って伸ばしていく。さっきまで葡萄のようだった乳首が柔らかく伸びて、サラミスティックさながらの眺めになった。もちろん伸びたのは、乳首だけではない。一緒になって引っ張られた乳房が、円錐のような眺めを啓太に晒す。色白の乳肌に淫靡なさざ波が立った。乳輪に浮かぶ粒々が米のように縦長になり、乳の先にはこんもりと、腫れでもしたかのようにピンクの乳輪が盛り上がる。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!