ブラジャーをはずしてしまったのか、乳房の頂にはクッキリと乳首が尖っていた

先ほどのショーツとは較べようもない高級感に、細密にあしらわれた刺繍の美しさにうっとりと見惚れる。陳列されていたときとは印象がまるで違っていた。やはり女体を飾ってこそのランジェリー、加南子が身に着けてこその麗しさだった。
わざわざショーツのよそおいに合わせてトップも着替えてくれたのか、上半身は艶やかなオレンジ色のキャミソールに包まれている。
(あれ?もしかして……)
胸もとの光景に一瞬胸をドキリとさせる。ブラジャーをはずしてしまったのか、乳房の頂にはクッキリと乳首が尖っていた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。