急に意識した彩菜が肛門をキュッとすぼめたせいで、膣洞もタイトに締まった

ズリュ。たちまち陥穽を探り当てた亀頭が、その膣孔をかきわけて沈んでいく。急に意識した彩菜が肛門をキュッとすぼめたせいで、膣洞もタイトに締まった。しかし、
「ぅ、ん……!」
その程度で、肉棒を拒むことなどできない。なによりびっしょり濡れきった膣襞が、肉棒を心待ちにしている。力任せに突き込むと、広海の肉棒はズリャズリャと埋まり込み、そのまま奥まで、ズン!と突き上げた。
「ひゃぅ、ぅ!は、挿入っちゃった。後ろからなのに広海のおちん×ん、彩菜の中に挿入っちゃってるぅ」
初めての立位後背位に声を上げる彩菜。正常位とは異なる肉棒の位置、角度が、彩菜を戸惑わせる。しかし体位は変わっても、肉棒は変わらず膣内で存在感を放っている。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。