健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた

(ああ、私って、いやらしい……。ああん、健太ちゃんったら、また……)
後ろに重なったままの健太の腰が再び動き始める。自然に吐息が甘く、熱くなる。
「け、健太ちゃん……。今度はママの上に乗って、して……。由美、上から健太ちゃんに支配されながら、されたいの……」
「嬉しいよ、ママ……。僕も、ママを、由美の顔を見つめながら、一つに繋がりたい」
気のせいか、健太の口調から、甘えのような響きが消えていた。大人の男の自信のようなものが感じられた。
「ああ、僕、夢のようだよ。僕、ママといまセックスして、はじめて大人になったような気がする……。ありがとう、由美……」
「嬉しい……。由美、ああ、嬉しい……」
真正面から重なり合ってすぐ、健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた。
義母も最初から健太の腰を両足で搦めとり、猛然と尻を振り始めた健太の動きを迎え、下からピストン運動に順応し始める。一気に陶酔し、腰を振り立てながら、たわわな乳に吸い付いてくる健太の頭を抱え込み、凄まじい悦声を健太の耳に響かせていた。
「ママのって、何で、こんなにも、気持ちいいの……。最高だよ、ママ……。ああ。ママはもう、僕のモノだよ……。もう、パパにも、渡したくない……」
「ああ、そんな……。お願い……。いまは、パパのことなど、言わないで……。今この時間は、ママと健太ちゃん、二人だけの時間なの……。あああ、いい、健太ちゃんのお魔羅、ああ、ママ、蕩けてしまう……」
凄まじい勢いだった。肉襞を根こそぎ削り取るような肉棒の動きだった。
(ああ、気が遠くなる……。私の体、とても、悦んでいる……。私だってもう、健太ちゃんから、離れられない……。ああ、私が健太ちゃんの、最初の女に、うううっ、なりたかった……)
いまとなっては、自分の置かれた環境が恨めしい。
(もし、私が留美子さんや咲枝さんのように、未亡人なら、私は世間になんて罵られようと、健太ちゃんの女として、一生、ご奉仕する……)
それが実感だった。由美は自分の体の動きが信じられなかった。健太にのしかかられ、深々と淫裂を貫かれながら、しかし、体は大きくうねり、健太の肉棒を軸にして、本能の動きを繰り返している。
(私が、自ら、こんなにもいやらしく体を使うなんて……)
慎ましやかな自分など、どこにもなかった。ひたすら若々しい肉棒を膣全体で貪り、獣のような咆哮をし続ける女でしかなかった。
「ああ、いいのぅ……。健太ちゃん……ママ、もう、何度も、イってるぅ……。ああ、蕩けていく……。ママ、ううっ、何もかもが蕩けて、健太ちゃんだけしか見えなくなっている……。抱いて、健太ちゃん、ママを強く、抱いて……。ああ、もっともっと、突き挿して……」
「ママ、僕も気持ち、いいよ……。何度だって、ママとならセックスできるよ……。ああ、ママ、僕、また、いっぱい、出るぅ……」
「きて、健太ちゃん……。溜まっている精液、すべて、ママの体内にしぶかせて……。ああ、ママのお腹、健太ちゃんの活きのいい、ミルクで、満たして……」
由美は肉棒の熱に浮かされていた。何を口走っているのかさえ分からなかった。覆い被さっている大木のように逞しい義理の息子健太、その尻に両足を絡め、由美は大きな唸り声のような悦声を叫び続けていた。
「イクよ、ママ……。ああっ、ぼ、僕……あああ、凄い……。体が震えるほどに、ううっ、気持ち、いい」
「ママもそう……。あああ、深い……。健太ちゃんのお魔羅が、ママのおま×この中で、暴れ回ってるぅ……。イクぅ、由美、あああ、イっちゃう、イっちゃう……。ははぁぁぁーーーっ、あうん、あああ」
涎が口から垂れているのにも気づかなかった。健太も咆哮していた。腰の動きが不規則になっていた。激しさだけが増していた。
「健太ちゃんのミルク……。勢いよく、ひぃぃぃーーーっ、注がれてるのが、わ、分かる……」
健太が唇を求めてくる。貪るように応じた。舌を絡め合う。唾液を啜り合う。淫猥な舐め音が響いた。肉棒に突かれっ放しの淫裂からも淫らな音が発せられていた。由美の濃い愛液と、健太がたったいま放ち続けている精液とが混ざり合い、複合された男女のフェロモンの刺激に、酔い痴れながら、二人は激しいピストン運動を繰り広げ続けていた。
「あうっ、あぅっ、あひぃっ、ああああ、私、健太ちゃんに、狂っているぅ……」
何度も達しながら、由美は、健太に弄られた肛孔で感じた愉悦を思い出していた。
(健太ちゃんに、すべて差し出したい……。私、健太ちゃんがもし望むなら、お尻の孔もあげる)
「いっぱい、出したわね、健太ちゃん……」
健太の腰の動きが止まった直後に、健太の尻や腰を搦めとっていた、由美の両足は解きほどかれていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。