全裸になった理彩がベッドにあがってきた。張りのある乳房はツンと上を向き、ピンク色の乳首が若さを誇示するように揺れている。

北都凛

泣きながら訴えたそのとき、全裸になった理彩がベッドにあがってきた。張りのある乳房はツンと上を向き、ピンク色の乳首が若さを誇示するように揺れている。
「あら、駄目ですよ。奥さま」
京子は彼女の姿を目の当たりにしてハッと息を呑む。そのスレンダーなモデル体型に似つかわしくない、おぞましい物体が股間にそそり立っていたのだ。
理彩は双頭ディルドウを装着していた。革ベルトで固定するタイプで、すでに片側は自分の蜜壺にずっぽりと埋めこまれている。神谷に呼びだされたとき、持ってくるように命じられていたのだ。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました