命じられた夏海と志摩子は手を背後に回し、豊満な尻肉を掴むと、くぱっと左右に割った

庵乃音人

「夏海ちゃん、志摩子……こっちに来て、中腰になって尻を突き出すんだ……ほら、ケツの穴舐めてっておねだりして……」
淫らに腰を振り、肉スリコギで祈里の蜜壺をゴリゴリと掻き回しながら、美しい姉妹に命じた。すると二人は「ああぁ……」と感極まった声を上げ、夢遊病者のように床から起き上がり、乳房を揺らして貴史の左右に駆け寄ってくる。
右に夏海、左に志摩子の尻が突き出された。へっぴり腰の下品な体位になって尻を突き出す美人姉妹の姿が、恥悦の劫火をいっそう過激に燃え上がらせる。
「さあ、二人とも、自分の手でケツの谷間を広げておねだりをして……」
命じられた夏海と志摩子は手を背後に回し、豊満な尻肉を掴むと、くぱっと左右に割った。二人の肛門が、至近距離に晒される。
「あぁん、貴史……ケツの穴舐めて……貴史の舌で、ケツの穴ペロペロ舐めてぇ」
「んはぁ、貴ちゃん……私のケツの穴も疼いてるの。貴ちゃんに舐められたくて……皺々のケツの穴……レロレロされたくていっぱい疼いてるンンン……」
「おぉ、夏海ちゃん……志摩子……!んっ……」
自分で指示しておきながら、半分は夢見心地だった。

出典:~魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

「夏休みって何か予定ある?」密かに恋い慕う大学の先輩・祈里の誘いで訪れた山村。そこで青年は祈里の友人・志摩子の縁談を断るために偽りの婿候補として“お試し婚”をすることになる。祈里への恋心を抱えながらも縮まる志摩子との距離。さらに志摩子の妹も巻き込み、交錯する恋の行方は!?