PR

すると、はあっんっ、と裕美が乳首の時以上の反応を見せた

天海佑人

「ああ、見ないで……ああ、恥ずかしいの……すごく恥ずかしいの……わかるでしょう、孝典くん」
裕美は清楚な美貌を真っ赤にさせて、そう訴えてくる。鎖骨辺りまで、羞恥色に染まっている。そんな恥じらう裕美の姿に、孝典はますます昂ぶる。
クリトリスに手を伸ばし、そっと摘んだ。
すると、はあっんっ、と裕美が乳首の時以上の反応を見せた。やっぱり、クリなんだ。孝典は裕美の喘ぎ顔を見つめつつ、クリトリスをころがしていく。
「だ、だめ……あ、あんっ……はやく、縄を解いて……主人が戻ってくるわ」
そうだ。松前先生がいつ戻ってくるかわからない。でも、まだ戻って来ないと思った。さっき、あわてて出て行ったばかりなのだ。それにもう、ここでやめる気はさらさらなかった。
孝典はクリトリスも舐めたいと思い、その場にしゃがんでいった。すると、裕美の恥部が迫ってくる。と同時に、甘い匂いが薫ってくる。

出典:~先生の奥さん狩り夫の教え子に調教されつづけて (フランス書院文庫)

著者: 天海佑人

「もう許してっ……こんな関係が誰かに知られたら……」哀願の声を無視して続く、孝典の若さに任せた律動。昼間、出勤した夫と入れ替わりにやってくる青狼。エプロン姿で、淫らな下着姿で受ける恥辱の肉交。妻盗の魔味を覚えた少年は次なる生贄に狙いをさだめ……32歳、27歳、38歳……先生の奥さんを堕とす蟻地獄!