そう言うと妹は、さらに強くぺろぺろと舌を這わせて、性交の名残をきれいにしていく

そう言うと妹は、さらに強くぺろぺろと舌を這わせて、性交の名残をきれいにしていく。恥丘に生えた繊毛から陰唇の裏側、会陰の方まで丁寧に口で拭い、愛液も精液も舐め取っていた。
「なにを考えているの、彩香っ、ああっ」
さらには女穴にピタッと唇を被せて、溜まった体液を直接吸い取ることまでした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!