し・射精(アナル)

天海佑人

孝典は立ちバック状態で、エマ先生のアナルに射精させた

「あ、ああっ……いきそう……ああ、もう、いきそう……」 「出そうだ、エマ先生、出そうだ」 「ああ、いっしょに……ああ、いって……」 女子の存在が、孝典とエマに強烈な刺激を与えていた。もう一つの個室も閉まる音がして、水を流す音がした。 「ああ...
天海佑人

どくどくと凄まじい勢いで、エマのアナルを白く汚していく

「ああ、いきそう……ああ、アナルで、いきそうっ……」 「出そうですっ、エマ先生っ」 「ああ、出して……そのまま、アナルに出してっ」 おうっ、と吠え、孝典はブロンド美女のアナルで射精させた。どくどくと凄まじい勢いで、エマのアナルを白く汚してい...
天海佑人

今度は、ブロンド美女のアナルの奥を白く染めていく

けれど、とにかくエマのアナルはきつすぎた。何度か突いていると出そうになった。 「もう、出ますっ、エマ先生っ」 「ああ、きてっ……そのまま、出していいわっ、タカノリっ」 「あ、ああっ、エマ先生っ……ああ、出るっ」 口に出した時と同じように、凄...
結城彩雨

おびただしい量の精を子宮口と腸管にはっきりと感じ取って、そのまま目の前が暗くなった

それに合わせて冷二と五郎は、最後のひと突きを与えた。できるだけ深くえぐりこんで同時にドッと精を放っていた。 「ひいーッ……」 もう一度ガクンと大きくのけぞって、夏子は最後の、そして最大の痙攣を走らせた。 おびただしい量の精を子宮口と腸管には...
葉川慎司

良く引き締まるアヌスのすぼみが、伸びたり縮んだりしながら、亀頭を締め上げてくる

「入ってる。入ってるよ、瑞穂さん」 「わかります。お尻で、祐司さんを感じてます」 「あうぅ、すごい締まりだ。おま×こよりすごいかも」 「あぁン、恥ずかしい。早く、全部入れてください」 「うん」 祐司は両手でやわらかな尻朶を掴み、ぐっと腰を突...
葉川慎司

祐司が最後にぐっと力強く肉竿を突き入れた次の瞬間、熱いものが直腸にどばっと吐きだされるのがわかった

「あああああっ!」 祐司が最後にぐっと力強く肉竿を突き入れた次の瞬間、熱いものが直腸にどばっと吐きだされるのがわかった。肉棒が痙攣するように引きつりはじめ、その度に濃厚な体液が迸っているのがわかる。 (ついに、祐司くんとセックスしてしまった...
北都凛

うああっ、イキそう、ひッ、ひッ、イキそうです……ああっ、駄目、もう駄目っ、あひいいいッ、イク、お尻でイッちゃう……あひあああぁぁぁぁぁぁぁッッ!

「ああンっ、いやンっ……駄目、はううっ、駄目ぇっ」 抽送を若干弱められただけで、京子は焦燥感に駆られて甘え泣く。アナルでの快感を自覚してしまった今となっては、我慢などできるはずがない。 「お、お願い……して……ああっ、もっとしてください」 ...
北都凛

わけがわからなくなって叫んだ瞬間、お尻の穴に沸騰したザーメンがドクドクと注ぎこまれた

突きこまれている肉塊がさらに逞しくなり、禁断の場所を最奥まで抉りまわす。女の源泉を掻きまわすディルドウと連動して、破滅と背中合わせの危険な感覚が令夫人を追いこんでいく。 「くああっ、動かないで、あああっ、い、いいっ、神谷さん……か、神谷さま...
北都凛

直腸粘膜を灼きつくされるこの感覚は、夫との交わりでは絶対に味わうことができない禁断の果実だった

「フフフッ、受け取ってください。アナルにたっぷりプレゼントしますよ!」 神谷は強引なディープキスで唇を塞ぐと、最奥で肉塊を脈動させる。 「むぐううッ、ううッ、ううッ……ふぐうううぅぅぅぅぅッッ!」 灼熱のザーメンが噴きあがり、驚くほどの勢い...
北都凛

双臀を突きだす牝豹のポーズで挿入されて、背面騎乗位で深々と抉り抜かれ、挙げ句の果てにはお腹のなかにたっぷりと精を注ぎこまれた

後ろ手に縛られて、男性器を無理やり口に咥えさせられた。そして夫婦の寝室では、夫の写真の前で抱っこのような恥ずかしい体位で貫かれた。 さらには朝まで、夫と一緒に眠っていたベッドで、お尻の穴を強引に犯されてしまったのだ。双臀を突きだす牝豹のポー...
北都凛

令夫人のアナルを抉りながら、乳首とクリトリスをキュウッと摘みあげる。直腸粘膜がペニス全体に吸着し、うねうねと激しく蠕動した。

(よし、今日はここまでだな。無理をしても仕方がない) 神谷は小さく頷くと、香織の肩にそっと手をかけた。 そして後ろに倒れこむようにして胡座をかき、その上にアナルを串刺しにした女体を乗せあげる。 「あああっ、いや……な、なにを……うああっ」 ...
御堂乱

太い肉棒を無我夢中で吸いつづけた小さな唇は、逆流してきた粘っこい乳液状のザーメンにまみれている

知美は青ざめた頬を涙で濡らしながら、グラグラとかぶりを振った。 尊敬する義父、姉とも慕う召使いの弥生の、まさに野獣のそれとしか評しようのない狂気の振る舞い。純真で潔癖な女子高生の受けたショックは計り知れない。 ハアッ、ハアッ……。 主人であ...
鳴瀬夏巳

熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った

「ひっ、ひいいーっ!」 熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った。 「ひっ、ひっ、ひどいわっ。奥寺さんっ……。う、恨みます……ううっ、うううっ。あ……いっ、イクッ……イッちゃううう……はっ、はっ、はああっ……も、もう駄目っ……ご、ごめん...
鳴瀬夏巳

結合を解いてみると、珠実の肛門は無惨にぽっかり開いたままだった

「いいっ。お尻がっ……どうしてっ……く、くううっ……あおおおっ……も、もう駄目っ、イクッ、イッちゃうっ、うっ、うっ、ううううっ!……」 細身の肢体をガクガクと震撼させて、珠実は果てる。 見届けて、奥寺は尻奥を深々と抉った。「あぐぐぐっ」とい...
羽沢向一

人妻の腸の奥で、亀頭が盛大にふくらんだ

尚樹の尻たぶが引きつり、激しく震えた。ペニスを奥まで届かせようと、本能が腰を彩海の尻にこすりつける。人妻の腸の奥で、亀頭が盛大にふくらんだ。 「出るううううっ!!」 勃起が焼けつき、自分の全身が精液と化して流出するような強烈な快感とともに、...
神瀬知巳

精子が吐き出される度に、脂ののった双臀はブルッとゆれた

花穂子は啜り泣くように、声を漏らした。精子が吐き出される度に、脂ののった双臀はブルッとゆれた。 「ママ、残り汁を絞って」 佑二が空いている手で、尻たぶを叩いた。花穂子は必死に息み、括約筋に力を込めた。 (お尻の穴を弄くられて、尻肌を叩かれて...
空蝉

直感的に理解した真弓の尻穴が、牡の求めた通りの蠢動を披露してみせた

射精中の肉勃起が腸壁をグリグリ抉り、噴き出る種汁を摺り込みながら要求する。考えあぐねていては、今まさに身に奔る喜悦の、一番美味しい時期を逃してしまう。直感的に理解した真弓の尻穴が、牡の求めた通りの蠢動を披露してみせた。
空蝉

悦に溺れた腸洞が、注がれるたび締め付けて、また新たな牡の情動を誘う

一度きりで満足できない身体に躾けた当人からの問いかけに、恨めしげな視線を向けると、またそれに興奮した肉の棒が脈動し、直腸内に精を吐く。悦に溺れた腸洞が、注がれるたび締め付けて、また新たな牡の情動を誘う。止め処もない肉欲の循環に眩みつつ。結局...