赤いチアコスチュームのアクセントである胸の白い星が、縦横に引き伸ばされて、微妙に歪んでいるのが艶めかしい

あらためて尚樹は、チアスタイルの彩海の全身を見つめた。確かに本人が言う通り、大学生の写真とは体形が変化していた。身長はほとんど同じだが、コスチュームの内側にみっちりと肉がつまっている。とくに胸の容積がはっきりと増量した。赤いチアコスチュームのアクセントである胸の白い星が、縦横に引き伸ばされて、微妙に歪んでいるのが艶めかしい。
ウエストも布に余裕がなくなり、今にもどこかが破れそうだ。ノースリーブの肩から伸びる左右の二の腕も、マイクロミニのスカートから生える二本の太腿も、写真よりやわらかい丸みを帯びている。
二十七歳という年齢は、チアリーダーのコスチュームを着るには年齢が高すぎる。しかし、年齢がふさわしくないからこそ、彩海の肉体は女の匂いを醸しだす。