ひたすら陰部をしゃぶられ、びんびんにしこった乳首を舐め転がされ、敏感な部分が全て唾でべとべとにされている

「もうっ、やめっ……どうして私ばかり、ああ、か、堪忍してぇっ」
無数の触手に嬲られているかのようで、深佳にはどこをどうガードしていいのか判らない。ひたすら陰部をしゃぶられ、びんびんにしこった乳首を舐め転がされ、敏感な部分が全て唾でべとべとにされている。しかも同時に、肌のあちこちを触られて、泣きたくなるほどの喜悦に、肉体のあちこちがさんざめいているのだ。
「はおおっ、あん、ああん……許して、ねえ許して、私、もうイッちゃうぅっ!」
兆した声で啼き悶える。熟女の発情が責める三人にも伝播して、淫蕩なまでの空気がその場を支配している。哀れな生け贄となった年長者を、とことん絶頂に導きたい衝動に駆られるのだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!