奥さま、お尻の穴が感じるんですね。いやらしいお汁がどんどん湧いてきますよ

北都凛

「ひゃっ、い、いやっ……あなた、なにを……はうンっ」
思いがけず愛撫されて、嬌声をあげてしまう。慌てて口を閉じようとするが、理彩は見かけによらず大胆で、淫裂にぴったりと唇をかぶせてくる。
「あううっ、駄目……ンひああっ」
そのまま強烈に吸引されて、たまらず腰が浮きあがった。中出しされた精液を吸いだされる感覚は強烈で、とてもではないが声をこらえることなどできない。
「ウフフッ、いやらしい声……気持ちいいですか?」
理彩は股間から見あげてくると、妖艶な笑みを浮かべて唇のまわりをペロリと舐めまわす。そして白魚のようにほっそりとした指先で、アナルパールを焦らすように弄くりまわすのだ。
「はううっ、お、お尻、あっ、あっ……はンンっ、やめてぇっ」
肛門に挿入されたネックレスをゆっくり回転させられたかと思うと、真珠をひとつだけ引きだされる。休む間もなく、今度は逆回転でねっとりと苛められて、先ほどの真珠を押し戻されてしまう。
「ひっ……あひっ……や、やめ……ンああっ」
同性の意地悪な責めに、京子の唇からいつしか甘い声があふれだす。
「奥さま、お尻の穴が感じるんですね。いやらしいお汁がどんどん湧いてきますよ」
「お願いだから、はうンっ……もう、やめて……」
女ならではのツボを心得た愛撫は、気丈な令夫人を少しずつ確実に蕩けさせていた。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました