肉棒が打ち込まれるたび、そのシワがきれいな丸を描いた彩菜の菊門がひしゃげる

「きゃっ、ん!お、おちん×ん、奥まで……ぇ!ぁん!ひゃ、ん!」
そこから先は、ズチズチ、ヌチヌチと肉棒を引いては突き込む。彩菜の膣洞いっぱいに肉棒がこすりあげ、入り口から奥までみっちり満たしては突き上げる。
ズリャ、ズリャ……ズチャ、ン!突き込まれると肉裂が押し込まれ、引き抜くと肉棒にからんだ小陰唇が、肉幹をなぞりながら引っ張り出される。パン、パンッ、パンッ!抽送と同時にぶつけられる広海の股間が、彩菜のヒップを打って小気味いい音を立てた。
「彩菜のお尻の穴も、丸見えだよ」
肉棒が打ち込まれるたび、そのシワがきれいな丸を描いた彩菜の菊門がひしゃげる。
「ヤ、ヤぁあ!見ないでってば。恥ずかしいからお尻の穴、見ちゃダメなの……にぃいい!」
ズシッ!わざと強く突き込んで、彩菜に声を上げさせるのも楽しい。羞恥から、キュッと肛門がすぼまると、膣洞も収縮した。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。