さっそく広海の指が、肉唇を割り広げる。ほとんど捩れもはみ出しもない、きれいに一直線な小陰唇だ。

「彩菜のおま×こ、ほら……」
さっそく広海の指が、肉唇を割り広げる。ほとんど捩れもはみ出しもない、きれいに一直線な小陰唇だ。たっぷり左右に開いた。
「ぁぁ、んっ!」
ピチュゥゥ……。それだけで、蜜まみれの恥肉がかすかな音を立てる。膣前庭は潤いきって、蜜の海が泡を浮かべていた。
ほんのりオレンジを掃いたような、まるできれいなサーモンピンク。
その中に、プカッと口を開けた膣孔が緋色を強めている。
指でいっぱいに広げられたせいで、陰核包皮までが剥き上がり、小豆大の肉真珠までがむっくりと顔をのぞかせていた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。