M字に開いた脚の間、少し濃い目の陰毛に覆われたふくふくと膨らんだ肉畝

凪子は恥じらいの表情を浮かべながらも、宣英の言うがままに、ゆっくりと股を開いた。こんなに明るいところで女性器を見るのは初めてだった。恥ずかしがるので、実香とのセックスはいつも、電気を消して真っ暗な中でしていたからだ。M字に開いた脚の間、少し濃い目の陰毛に覆われたふくふくと膨らんだ肉畝が、足の付け根にあった。その内側から薄紅色の小陰唇がちょろりとはみ出している。手を伸ばしてつやつやと黒光りする縮れた陰毛を掻き分けると、ぷっくらと膨らんだ綿棒の先ほどの突起があった。小さいながらもフードが根元まで剥け、ピンと勃ちきってしまっている。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!