ああん、こんなのを見せつけられたら、あたし、また、欲しくなるぅ……

健太の脳裏にその光景が浮かぶ。それに、咲枝は島の熟女たちが、夫の留守の合間にする浮気現場を見せる、という。そうしたことを思い浮かべるだけで、健太の肉棒は萎える気配もない。咲枝の目が妖しい。
「ああん、こんなのを見せつけられたら、あたし、また、欲しくなるぅ……」
愛おしそうに頬擦りする。健太もこのまま二回戦に突入したかった。だが、咲枝が未練気に肉棒から手と顔を離したことでそれは我慢した。
「行きましょう。もう、外は真っ暗よ」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。