手指に勃起を擦られながら俊輔は、その上半身に羽織られた上着を薄い肩から外し、そのまま背中の方に落とした

手指に勃起を擦られながら俊輔は、その上半身に羽織られた上着を薄い肩から外し、そのまま背中の方に落とした。それに合わせて両袖から腕を抜き取る寧々。またすぐに右手は、猛り狂う肉塊へと舞い戻る。その間にも俊輔は、彼女の細腰を飾る深紅の紐を解きにかかった。
大きなリボン結びの腰紐は、一方を引っ張れば容易に二本に分かれていく。けれどそれで解けたのは後ろ帯ばかりで、その下から次なる腰紐が現れる。緋袴の前後で分かれる構造になっていて、後ろ帯同様に緋色の前帯は白衣の裾を巻き込み、後ろ側で結ばれていた。