丸裸のヒップは美しいが、半分ほどランジェリーで彩られていると扇情的になる

幼い時から女性の下着に囲まれて育った雅也でも、Gストリングスという名称は初耳だった。そして二人の会話から、生地のラインに違いがあるらしいと理解した。比較的太いのがTバックで、細いのがGストリングスというわけだ。加奈子が背中を向け、パンティの後ろ側が見えた時、雅也は最初、それをTバックだと思った。その判断に間違いはない。腰に近い側のラインは、遊園地で見たものとほぼ同じ太さだからだ。ところが、ラインはだんだんと細くなっていく。そしてあろうことか、ヒップの割れ目の真ん中ぐらいのところで、緑色の線は消えてしまっていた。つまり幅が狭くなりすぎて──玲子が身につけていたGストリングスと同じように──肉の谷間に埋没してしまったのだ。丸裸のヒップは美しいが、半分ほどランジェリーで彩られていると扇情的になる。Gストリングスのインパクトは直接、雅也の股間を直撃し、熱い血と甘美な電流が全身を駆け巡る。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。