初めて味わうローターの威力はあまりにも強烈で、今や下半身全体が痺れたようになり、スカートの裾からのぞく膝が小刻みに震えていた

北都凛

初めて味わうローターの威力はあまりにも強烈で、今や下半身全体が痺れたようになり、スカートの裾からのぞく膝が小刻みに震えていた。
こうなってしまうと自分の意思ではどうにもならない。熟した肉体は強制的に送りこまれてくる快美感に呑みこまれ、どこまでも高く舞いあがっていく。
(そんな……おかしくなってしまいます……)
もうドレス選びどころではなかった。いやらしい汁がとめどなく溢れて、パンティはグチュグチュに濡れている。このまま続けられたら、本当にどうにかなってしまいそうだ。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました