帯は簡単に解けて、大島紬を剥ぎ取っていく。白い長襦袢だけになった人妻が、目もとを染めて恥じらっている。

北都凛

「はぁ……はぁ……か、神谷さん、身体が熱いんです」
令夫人が虚ろな瞳で見あげて訴えてきた。
「それなら脱いでしまえばいいんですよ。お手伝いしましょう」
神谷はいやらしい笑みを浮かべて着物の帯に手をかける。すると綾乃は抵抗するどころか、手助けするような動きすらみせるではないか。
「ああンっ、いけませんわ……駄目……はあンっ」
鼻にかかった声で抗議するが、明らかに本心ではない。
帯は簡単に解けて、大島紬を剥ぎ取っていく。白い長襦袢だけになった人妻が、目もとを染めて恥じらっている。微かに腰をくねらせる仕草は、なんとも言えない風情と熟女ならではの艶があった。
「はぁぁ……いやですわ……恥ずかしい」
熱い吐息をつきながら潤んだ瞳を向けてくる。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!