肛門のしわを巻き込みながら埋没していく肉の棒

返事を聞いた男の口角が釣り上がったのを目にするよりも早く。ナミの指により広げられた状態を維持する尻穴に、丸みを帯びた熱源が押し当てられる。
「ふァ……。あっ、ひ!?んぐぅぅぅっ!」
猛烈な圧迫感。待ちわびた感覚は、膣ではなく排泄のための穴に訪れた。肛門のしわを巻き込みながら埋没していく肉の棒。便の比ではない太さと熱を受け容れて、押し拡げられる腸全体が蠕動した。ギッチリと一分の隙間もなく嵌まり込んだ肉竿は、抗うように、さらなる熱と振動で粘膜を屈服させにかかる。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!