俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた

「ああダメです、いま、そこをされたら、イッてしまいますぅっ……」
切なげに啼く千夏を尻目に、すっかり頭に血を昇らせている俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた。
「あ、ひぃいいいいいいいっ!」
思わずあがった悲鳴は、痛みのためではないはずだ。その証拠に、峻烈な淫波に打たれた美貌が、ぐいっと淫らに天を仰いでいる。休む間を与えず、剥き出しの肉芯を唇全体で覆い尽くし、上下の歯の先で軽く摘んだ。
撓めていた千夏の背筋が、ぶるぶるぶるっと大きく震えた。