俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた

「ああダメです、いま、そこをされたら、イッてしまいますぅっ……」
切なげに啼く千夏を尻目に、すっかり頭に血を昇らせている俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた。
「あ、ひぃいいいいいいいっ!」
思わずあがった悲鳴は、痛みのためではないはずだ。その証拠に、峻烈な淫波に打たれた美貌が、ぐいっと淫らに天を仰いでいる。休む間を与えず、剥き出しの肉芯を唇全体で覆い尽くし、上下の歯の先で軽く摘んだ。
撓めていた千夏の背筋が、ぶるぶるぶるっと大きく震えた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!