これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん

「これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん」
村松は双眸をいっそうぎらつかせた。戦慄する美貌を上目遣いに楽しみつつ、舌ビラを恥蕾へと伸ばしていく。
「あっ、あっ。もうイヤッ。もうイヤですっ。ごめんなさいっ。許してっ。……あっ、ひいいーっ!」
舌先がチロリと突端を掠めた瞬間、裸身がピクンッと爆ぜ、ショートヘアがふわりと揺れた。かすかに抗しがたい瞬悦が突きあげたものの、それをはるかに凌駕する汚辱感が襲った。