紅唇が股間に被さってきた。生温かな感触が、先端部を這いずった

紅唇が股間に被さってきた。生温かな感触が、先端部を這いずった。
「んっ」
佑二の身体にゾクゾクと身震いが起きた。
「んぷ……すごい量、あむん」
指で肉棹の付け根を括り込み、精が漏出をしないよう注意しながら、彩香がねっとりと舐め回していた。唇を尿道口につけて、カウパー氏腺液をジュルッと啜り呑む。潤沢な粘液が彩香の口のなかに吸い取られていく。射精をしていないのにペニスはビクンビクンと発作の痙攣を起こした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!