い・淫語(強制)

但馬庸太

は、はひ。お客様のオチ×ポ、咥えさせていただきます、んうむ、んぐぅぅっ

もう一人の男が苛立たしげに言って、綾子の脇の下に手を入れた。抽送していた男も下卑た笑みを零して、後背駅弁から立ちバックへと移る。 「ほら、物足りなかっただろ。俺のチ×ポもしゃぶれ」 「は、はひ。お客様のオチ×ポ、咥えさせていただきます、んう...
天海佑人

孝典は静恵の尻の穴からペニスを抜くと、そのまま、エマの背後に移動して、ずぶりとアナルを突き刺した

孝典はたっぷりと娘の唾液を塗すと、その母親の尻の穴に鎌首を向けていく。 「マ、ママ……」 愛菜が泣きそうな表情で、孝典に後ろの穴を犯される母親を見つめる。鎌首が菊の蕾にめりこんでいく。 「あうっ、うんっ……」 強い抵抗にあうものの、それでも...
結城彩雨

ああ……前、前とお尻の穴にしてくれるから……夏子、気持ちいいわ……

「……い、いいわ……気持ちいい……」 「へへへ、どうしてそんなに気持ちいいか、はっきり言ってみな」 「ああ……前、前とお尻の穴にしてくれるから……夏子、気持ちいいわ……」 夏子自身、なにを言っているのかわからない。いや、口にすることでいっそ...
結城彩雨

四つん這いにさせて、夏子の上半身だけが男たちから見えるようにする

夏子はあえぐように言った。それから今にもベソをかかんばかりの瞳を、冷二と五郎に向けて、 「……し、して……夏子のお尻の穴……犯してください……」 あきらめきったように口にした夏子は、湯に温められたピンクの肌を真っ赤にした。夏子は子供のために...
結城彩雨

……して……夏子のお尻の穴に、うんといやらしいことをして……

「これだけ綺麗な肌をしてるんだ。いつも綺麗に磨きあげておかなくちゃな」 そんなことを言って、冷二と五郎は石鹸をまぶした手を、夏子の裸身に這わせていく。 温泉の男たちに見せつけて、夏子の乳房を下からすくいあげてタプタプ揉み、腰のくびれから女の...
結城彩雨

ね、ねえ……夏子のお尻の穴、見えるでしょう……早く、早く浣腸して……

「は、早く……早く浣腸をすませてください」 「あせるなよ、へへへ、いやでもたっぷりと浣腸のつづきはしてやる」 冷二と五郎は夏子のバスタオルを剥ぎ取ると、左右からまとわりつきつつ、温泉に浸かった。 ザーッと湯が溢れる。 「なかなかいい岩風呂だ...
結城彩雨

長大なシリンダーがジワジワと押され、ズンと薬液が夏子に流入しはじめた

冷二が薬液をいっぱいに充満させた長大な浣腸器を、夏子の目の前にかざしてみせた。 一升瓶よりもずっと大きい、恐ろしいほどの大きさである。 「へへへ、これでいいか、奥さん。量は三千CCでグリセリンは原液だぜ」 「これならたっぷり浣腸してやれるぜ...
結城彩雨

夏子は冷二と五郎が手を離すと、よがり声を噴きこぼしながら自分からギアの上で腰を揺すりはじめた

「もっとッ……してッ、してくださいッ」 夏子はよがり泣きつつ恨む風情だ。 そうやってさんざん夏子をもてあそんでから、ようやく夏子を深くしゃがませた。ギアの先端が夏子の子宮口を突きあげるまで、いっぱいに深く貫かせた。 「ひッ、ひいいッ……」 ...
結城彩雨

五郎は左右の乳首と女芯を絞った三本の糸をクイクイ引いて、あざ笑った

それとともに媚肉がじっとりと潤いだす。 「へへへ、相変わらず敏感だな、奥さん」 「ああ、言わないで……」 夏子はなよなよと首を振った。ともすれば媚肉から手を離し、内腿を閉じそうになる。 「どうだ、オマ×コをもっといじめて欲しくなってきただろ...
結城彩雨

そして、そのわずか下方には捻じり棒を食いこまされた夏子の肛門が、生々しく見えた

「ああ……」 あらがう術もなく、夏子は車のドアを背にして両脚をシートの上へ乗せた。 「……こんなところで……」 「さっさとしろ、奥さん」 「……はい……」 夏子は五郎に糸を引かれ、弱々しくかぶりを振りつつ、おずおずと両膝を立てると、左右へ開...
結城彩雨

「……か、浣腸してくれるから……気持ちいい……夏子、いいッ……」

「その調子だ。オマ×コだけでなく尻の穴も責められると、ズンといいだろうが」 五郎は短く区切って注入していく薬液の量をしだいに多くしはじめた。おもしろいようにドンドン入っていく。 五十CCほども一気に注入してやると、それだけで、ひいッ、と今に...
北都凛

一匹の牝となった綾乃は、熟尻を揺すりながら背後の男に媚びを売っていた

隣りではいつの間にか体位が変わって、四つん這いの綾乃がバックから犯されている。今の妻には、獣のようなあさましいポーズが似合っている気がした。 「奥さん、どうですか。私のチ×ポは気に入りましたか?」 神谷は黒光りする剛根を叩きこみ、乳房を執拗...
北都凛

違いますね。宮原夫人が欲しているのは、そんなお上品なモノではありません。あなたが求めているのは、ぶっといチ×ポですよ

「う……埋めて欲しいんです。でないと……」 「埋める?なにを?」 「はンンっ……いやですわ……」 綾乃はこらえきれず、震える指先を股間へと伸ばしていく。そして着物の上から恥丘をそっと押して、なんとも艶っぽい溜め息をもらしてしまう。 「あはぁ...
北都凛

そして綾乃の手を取って股間に導き、無理やり肉塊に触れさせる

「そろそろ欲しくなってきたんじゃありませんか?」 スラックスのファスナーをおろし、すでに屹立している男根を露出させた。そして綾乃の手を取って股間に導き、無理やり肉塊に触れさせる。 「ああっ、こ、これ……はぁ……熱いわ」 目もとを赤く染めあげ...