さらに静子先生が亀頭を口に入れたまま、器用に両手でスラックスのベルトをはずしにかかる

凄まじい唇と舌の猛攻に、尚樹はたじたじとなった。さらに静子先生が亀頭を口に入れたまま、器用に両手でスラックスのベルトをはずしにかかる。すぐにスラックスとトランクスが脱がされて、下半身はスニーカーだけにされてしまう。
「ううっ!」
右手で、ペニスの幹をつかまれた。表皮が剥ぎとられるのではないか、と心配になる勢いで、上下にしごかれる。
「ひやあっ!強い!強すぎるよ、先生!」
尚樹は捕まった腰を中心にしてグラグラと身悶える。今度は睾丸が、左手の五本の指にガッシリとつかまれた。もぎり取られる寸前の握力で、やわらかい二つの玉が責められる。