ド迫力に盛り上がり、しかも感動的なまでに完璧な丸みがぶりんと前に突き出して左右に揺れていた

透明な煌めきを放つバージンスノーのような白肌が、そこだけド迫力に盛り上がり、しかも感動的なまでに完璧な丸みがぶりんと前に突き出して左右に揺れていた。さらに印象的だったのは、乳輪の小ささと色のきれいさだ。誰にも触れさせていないであろう薄紅は、可憐にも萌蕾を埋もれさせていた。それがまるで「恥ずかしい」と訴えているようで、男心をこの上なく刺激するのだ。
あわててタオルを拾い上げ、再び女体に巻きつける寧々。さすがに見られはしなかったかと、俊輔の様子を探っている。大急ぎで目を瞑った俊輔は、あぶなかったと内心につぶやいた。