うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる

北都凛

「これが仁科夫人のアソコですか。すごく綺麗ですよ」
うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる。ぴっちり閉じられた太腿と恥丘が形作る三角地帯を、まさに舐めるように視姦するのだ。
「さあ、もっとよく見せてください」
ほっそりとした足首を掴まれたかと思うと、じわじわとひろげられていく。
「あっ……やっ……ま、待ってください……」
羞恥の海に沈んでいた香織は、慌てて下肢に力をこめた。しかし阻止できるはずもなく、明るい陽光の射しこむリビングで女の中心部を露わにされてしまう。
「ああンっ、いやですっ、こんな格好……もう嫌いです」
「照れなくてもいいじゃないですか。こんなに美しいのに」
剥きだしになった陰唇に男の視線が突き刺さる。自分でもまともに見たことがない部分を凝視される羞恥に、白い内腿がひくひくと小刻みに震えた。
「ああっ、恥ずかしくて死んでしまいますわ」
今にも気を失いそうになりながら、心の奥底ではなにかを期待していた。
(私……なんて、はしたないことを……)
淫らな想像をしてしまった自分をたしなめるが、濃厚な接吻で火を着けられた肉体は、あっという間に燃えあがっていく。
淡いピンク色の粘膜は巧みな愛撫でねっとりと濡れ光り、まるで逞しい牡を誘っているかのようだ。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました