それでも俊輔は、念入りに、ころころと初心肉萌を転がしていく

強張る頬のそばで囁くと、俊輔をお腹に乗せたまま、すらりとした脚が太ももの付け根から足先まで、純白に輝く一線となってピーンと伸ばされた。絶頂を迎えた経験などなくとも、そうした方が極まりやすいと、本能的に知っているらしい。
「ああ、もうダメぇ……もう、我慢できない……あううっ、もうダメぇえええっ!!」
桜貝を並べたような足爪が、ぎゅぎゅぎゅっと握られた。初期絶頂の波に晒されたのだ。それでも俊輔は、念入りに、ころころと初心肉萌を転がしていく。処女巫女を徹底的に狂わせたい衝動に駆られ、その責めを緩めることができない。
くにゅくにゅくにゅん、ねちょねちょねちょっ、くちゅちゅくちゅっ──。
淫靡な粘着音をわざと響かせ、寧々を孤高の際に追い詰めていく。淫裂からは、指がふやけそうなほどの蜜液がじゅくじゅくと溢れていた。