女陰は優しく開ききっているし、中は潤いが豊かだ

      

雅也は女子大生のヴァギナを熱く見つめ、人さし指と中指を揃えると、それを入口に当てた。指はあっという間に濡れる。雅也は息を止め、ゆっくりと指を進めてみた。自分にできるかどうか、正直なところ自信がなかった…

尻の頬っぺたに手を当てて、ぐっと尻ぺたを割ると

      

尻の頬っぺたに手を当てて、ぐっと尻ぺたを割ると、その下でぬらぬらと光る淫裂に指先を伸ばし、人差し指をゆっくりと挿入する。美波の蜜壷を掻きだすように、くの字に曲げた指先を抜き差ししていると、膣内から溢れ…

乳首をぎゅっと摘み上げたその時

      

淫豆をスロートしつつ、乳首をぎゅっと摘み上げたその時、美波がびくんびくんと身体を大きく弾ませた。頤をぐっと反らせ、そのまま細かく痙攣を始める。そう思ったのもつかの間、堤防が決壊したように大量の愛液が噴…

溢れだした液体がパンティーから染み出してきた

      

花芯のあたりに見当をつけて、じっとりと湿った薄布の上から指腹で捏ねると、じゅんと奥から溢れだした液体がパンティーから染み出してきた。感じやすく濡れやすい処女の秘部を、つめの先で軽く引っ掻いたり、指腹で…