尻の頬っぺたに手を当てて、ぐっと尻ぺたを割ると

      

尻の頬っぺたに手を当てて、ぐっと尻ぺたを割ると、その下でぬらぬらと光る淫裂に指先を伸ばし、人差し指をゆっくりと挿入する。美波の蜜壷を掻きだすように、くの字に曲げた指先を抜き差ししていると、膣内から溢れ…

乳首をぎゅっと摘み上げたその時

      

淫豆をスロートしつつ、乳首をぎゅっと摘み上げたその時、美波がびくんびくんと身体を大きく弾ませた。頤をぐっと反らせ、そのまま細かく痙攣を始める。そう思ったのもつかの間、堤防が決壊したように大量の愛液が噴…

溢れだした液体がパンティーから染み出してきた

      

花芯のあたりに見当をつけて、じっとりと湿った薄布の上から指腹で捏ねると、じゅんと奥から溢れだした液体がパンティーから染み出してきた。感じやすく濡れやすい処女の秘部を、つめの先で軽く引っ掻いたり、指腹で…

自らの指でラビアを広げて菱形に開く

      

黒いパンティを脇にずらした眼鏡のOLは、自らの指でラビアを広げて菱形に開く。しかも縦より横に長い、不自然なまでの菱形だ。ピンクの粘膜はいっそう淫らに充血し、大きく開けた口の中でも覗いているかのようにヌ…

お腹の底に裂け開いた牝肉

      

お腹の底に裂け開いた牝肉は、どうやらすでに相当の発情状態。ぬめる恥裂の一番下にある窪みから、にぢゅちゅ、ぶちゅちゅと下品な音を響かせて卵白のような女陰涎をだらしなく溢れさせる。